お役立ち情報

平成28年10月 第270回【制限納税義務者の相続税の申告】

制限納税義務者(非居住無制限納税義務者に該当する者を除きます。)は、国内財産及び相続時精算課税適用財産を相続した場合に日本の相続税が課されます。しかし、相続人が日本国籍を有しない外国人で相続開始時に国内に居住していなくても、相続人が相続したすべての財産に対して相続税が課されるケースもあります。そこで今回は、制限納税義務者の範囲を確認し、制限納税義務者が相続する場合の手続きや、相続税の課税関係について解説いたしました。