お役立ち情報

平成28年11月 第271回【固定資産税の課税明細書から検証する相続対策】

固定資産税は賦課課税とされていることから、固定資産税の価格に疑義を持つ人が少ないことや、土地の評価総筆数が1億8千万筆もあり、限られた時間内に評価替えを行うため、固定資産税の価格が適正に評価されていなかったり、住宅用地等の固定資産税の軽減措置が適用されていなかったりする事例もあります。固定資産税の課税明細書を読み解くことで、土地・建物の所有関係や、土地の利用状況を正確に把握することができて、固定資産税、所得税及び相続税の軽減にも役立てることができます。 そこで今回は固定資産税の課税明細書の読み解き方や、そこから得た情報をもとに行える節税方法などについて多くの具体例を掲げて解説いたしました。