お役立ち情報

平成29年11月 第282回【同族会社の名義株式の解消対策】

 同族会社において、名義株主が存在する事例が少なくありません。この場合、真の株主以外の名義の株主については、確認書などによって真の株主に名義を変更しておくことが重要です。

 また、相続税の税務調査においても、その株式の真の所有者は誰かが問題されることもあります。そのため、日頃から議事録の作成、株主台帳の整備、株主総会の開催に伴う株主の権利の行使などを実行しておくことが大切です。

 そこで、名義株主として判定されないための具体策について詳しく解説いたしました。