日本FP協会認定継続教育研修
TBC研究会

第309回【大阪会場】不動産オーナーの相続税と認知症対策

場所
大阪市北区西天満 4-13-8 尼信ビル10F
ワンポイント 厚生労働省の資料(平成26年11月19日)によると、平成24年現在、認知症高齢者は約462万人、その予備軍であるМCI(正常と認知症の中間の人)は約400万人と報告されています。
不動産オーナーに限らず多くの人が認知症になる可能性が高いといえます。不動産オーナーの場合、賃貸契約に係る契約行為が認知症を発症するとできなくなります。
そこで、認知症にどのように備えるか、①信託を活用する方法、②不動産の法人化など具体的な対策について解説します。
開催日時 2020年04月07日 15:00 ~ 17:00
講師 税理士法人ファミリィ 代表社員・税理士 山 本  和 義
参加費用 1,500円
日本FP協会認定継続教育研修受講生は2,000円
(認定研修受講証明書発行を発行いたします)
※料金は当日受付にてお支払いください。
定員 100名
申し込み締切日 4月2日(木)

開催場所

日本FP協会認定継続教育研修・TBC研究会とは

税理士法人FP総合研究所との共催です。
TBCの意味は、「Tax&BusinessChance」の頭文字の略称です。対象者は、主に、不動産・建設及び金融機関の営業マン向けの研修会で、テーマは、相続・譲渡税など「資産税」に関係する内容となっています。また、日本FP協会のAFP又はCFPの人のための、継続教育研修も兼ねて実施しています。
原則として毎月1回開催し、1回ごとの参加費用の負担だけで誰でも自由に受講できます。

お電話でのご予約

06-6355-4637

大阪事務所にて承っております。お気軽にお問い合わせください。