日本FP協会認定継続教育研修
TBC研究会

第215回【名古屋会場】空き家問題と相続税等の課税関係

場所
名古屋市中区丸の内2丁目20-19 名古屋東京海上日動ビル 3F多目的ホール A
ワンポイント 相続を契機に空き家状態で放置されている住宅については、固定資産税は住宅用地としての軽減特例の適用を認めないこととしたり、譲渡税については譲渡益から3,000万円の特別控除の適用が可能な制度が設けられています。
 また、賃貸住宅に空室がある場合には、貸家やその敷地の評価において、賃貸割合を考慮することになり、財産評価においても差異が生じます。さらに、被相続人が老人ホームなどに入居している状況下で相続が開始した場合、自宅敷地については、小規模宅地等の特例の適用にも影響を与えます。そこで、空き家と相続税等の課税関係について分かり易く解説することとします。
開催日時 2017年12月07日 15:00~17:00
講師 山本和義
参加費用 1,500円
日本FP協会認定継続教育研修受講生は2,000円
(認定研修受講証明書発行を発行いたします)
定員 100名
申し込み締切日 12月5日

開催場所

  • 名古屋市中区丸の内2丁目20-19 名古屋東京海上日動ビル 3F多目的ホール A
  • Googleマップ

日本FP協会認定継続教育研修・TBC研究会とは

税理士法人FP総合研究所との共催です。
TBCの意味は、「Tax&BusinessChance」の頭文字の略称です。対象者は、主に、不動産・建設及び金融機関の営業マン向けの研修会で、テーマは、相続・譲渡税など「資産税」に関係する内容となっています。また、日本FP協会のAFP又はCFPの人のための、継続教育研修も兼ねて実施しています。
原則として毎月1回開催し、1回ごとの参加費用の負担だけで誰でも自由に受講できます。

お電話でのご予約

06-6355-4637

大阪事務所にて承っております。お気軽にお問い合わせください。