お役立ち情報

平成29年9月 第280回【家族の構成別相続対策】

相続財産は同様の種類で構成され、財産額も同額であっても、家族構成によって行う対策は異なります。

 標準的な家族構成は、父母と2人の子ですが、子のいない家庭や、離婚・再婚などによって家族が一つにまとまらないケースもあります。

 また、家族に障害者がいる場合や、社会への適応障害によって通常の生活を営むことが困難なこともあります。

 そこで、それらの家族の現状に応じた相続対策の考え方について検証しました。